メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

CONNECT・つなぐ

東京パラリンピック点描・2018夏/下 ボッチャ 遊びから競技に成長 達成感が心育む

ボッチャ選抜甲子園で真剣な表情でプレーする村山特別支援学校の選手(右)=東京都港区で2018年8月8日、宮間俊樹撮影

 高校球児が夏の甲子園で白球を追っていた頃、特別支援学校の生徒は繊細に球を操るパラスポーツの「甲子園」に参加していた。

 今月8日、全国から24チームが参加して東京都内で開催された「第3回全国ボッチャ選抜甲子園」。重度の脳性まひや四肢に障害のある人が球を投げ、白い目標球にいかに近づけられるかを争う競技だ。ルールが似ているため、「地上のカーリング」とも呼ばれる。

 競技中の真剣なまなざしは、アスリートそのもの。昨年の優勝校で今年は3位だった東京都立村山特別支援学…

この記事は有料記事です。

残り852文字(全文1083文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい
  3. 日米野球 日本が九回に2点差を逆転 通算3勝1敗に
  4. 米国 「次は大統領選」中間選挙終了で政界の動きが一気に
  5. サウジ記者殺害 音声記録に「ボスに伝えてくれ」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです