メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

CONNECT・つなぐ

東京パラリンピック点描・2018夏/下 ボッチャ 遊びから競技に成長 達成感が心育む

ボッチャ選抜甲子園で真剣な表情でプレーする村山特別支援学校の選手(右)=東京都港区で2018年8月8日、宮間俊樹撮影

 高校球児が夏の甲子園で白球を追っていた頃、特別支援学校の生徒は繊細に球を操るパラスポーツの「甲子園」に参加していた。

 今月8日、全国から24チームが参加して東京都内で開催された「第3回全国ボッチャ選抜甲子園」。重度の脳性まひや四肢に障害のある人が球を投げ、白い目標球にいかに近づけられるかを争う競技だ。ルールが似ているため、「地上のカーリング」とも呼ばれる。

 競技中の真剣なまなざしは、アスリートそのもの。昨年の優勝校で今年は3位だった東京都立村山特別支援学…

この記事は有料記事です。

残り852文字(全文1083文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  3. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです