メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京パラリンピック

開会式15万円 競技チケット、最安は900円

東京パラリンピックのチケット価格帯

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は24日、パラリンピックの入場券価格を発表し、一般入場券の最高価格は開会式の15万円となった。競技は900~7000円。パラリンピックの価値を高めるために過去の大会よりも最高額を引き上げる一方、スタジアムを満員にするために最低価格を1000円未満に抑えた。19年夏から一般販売される。

 開会式は、8000円から15万円に価格を設定した。組織委によると、最高額は12年ロンドン大会が50…

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文506文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  4. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです