メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京パラリンピック

開会式、大幅に引き上げ15万円に

東京パラリンピックのチケット価格帯

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は24日、パラリンピックの入場券価格を発表し、一般入場券の最高価格は開会式の15万円となった。競技は900~7000円。パラリンピックの価値を高めるために過去の大会よりも最高額を引き上げる一方、スタジアムを満員にするために最低価格を1000円未満に抑えた。19年夏から一般販売される。

 開会式は、8000円から15万円に価格を設定した。組織委によると、最高額は12年ロンドン大会が50…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文521文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです