メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア
20年東京五輪

7時号砲、酷暑マラソン 運動中止級 中京大教授、午前5時半を提言

 2020年東京五輪で、マラソンが予定通り午前7時にスタートした場合、10キロ以降のほとんどの区間で、熱中症リスクが日本スポーツ協会の熱中症予防運動指針で定める「厳重警戒」レベルとなり、場所によっては「運動中止」レベルまで高まることが、中京大の松本孝朗教授(環境生理学)らの研究チームの調査で分かった。徳島市で開催中の日本体育学会で25日、発表した。

 大会組織委員会は、暑さ対策として男女マラソンのスタート時間を当初の午前7時半から7時に早めたが、松…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 
  2. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女
  3. 人事 県教委 県立学校、教職員645人異動 過去10年で最少 /栃木
  4. 羽生、入念の4回転 首位チェンは全て着氷 フリーへ最終調整
  5. グルメ 機動戦士ガンダム40周年記念!ガンダムオフィシャルカフェ『GUNDAM Café』が大阪・道頓堀の大地に立つ!(GetNavi web)

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです