メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

聖火リレー 年内にルート案策定 県実行委が初会合 /大分

 2020年東京五輪の聖火リレーの県内ルートを決める実行委員会(会長、二日市具正副知事)の初会合が28日、県庁であった。自治体や県警などの関係者8人が出席し、ルートの決め方などを話し合った。

 二日市会長は「聖火リレーのコンセプトは被災から立ち上がる『復興・不屈の精神』。このコンセプトに沿い、多くの人…

この記事は有料記事です。

残り210文字(全文360文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  2. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  3. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです