メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

聖火リレー 年内にルート案策定 県実行委が初会合 /大分

 2020年東京五輪の聖火リレーの県内ルートを決める実行委員会(会長、二日市具正副知事)の初会合が28日、県庁であった。自治体や県警などの関係者8人が出席し、ルートの決め方などを話し合った。

 二日市会長は「聖火リレーのコンセプトは被災から立ち上がる『復興・不屈の精神』。このコンセプトに沿い、多くの人…

この記事は有料記事です。

残り210文字(全文360文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 高校ラグビー 大阪第3地区は常翔学園に
  4. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  5. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです