メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

聖火リレー 年内にルート案策定 県実行委が初会合 /大分

 2020年東京五輪の聖火リレーの県内ルートを決める実行委員会(会長、二日市具正副知事)の初会合が28日、県庁であった。自治体や県警などの関係者8人が出席し、ルートの決め方などを話し合った。

 二日市会長は「聖火リレーのコンセプトは被災から立ち上がる『復興・不屈の精神』。このコンセプトに沿い、多くの人…

この記事は有料記事です。

残り210文字(全文360文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです