メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

競泳、けん引役に 東京五輪ラストスパート

 【ジャカルタ小林悠太】2日夜に閉幕したジャカルタ・アジア大会で日本選手団は前回の仁川(韓国)大会の47個を大きく上回る75個の金メダルを獲得して、2020年東京五輪へ勢いをつけた。

 前半に目立ったのが金メダル19個の競泳陣の活躍だ。18歳の池江璃花子(ルネサンス)は1大会で日本勢最多の6冠に輝き、女子で初の最優秀選手(MVP)を受賞した。競泳陣はパンパシフィック選手権からの連戦で厳しい日程だったが結果を残した。競泳陣は東京五輪でも日本選手団のけん引役として期待されることになる。

 陸上も前回の倍の6個の金メダルを手にした。男子400メートルリレーで日本選手団主将の山県亮太(セイ…

この記事は有料記事です。

残り624文字(全文916文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです