メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪・パラ

会場や選手村など公開 国内外報道陣に

建設中の新国立競技場を視察する国内外の報道陣=東京都渋谷区で2018年9月5日午前11時53分、梅村直承撮影
建設中の選手村を視察する海外からの報道陣=東京都中央区で2018年9月5日午前10時42分、梅村直承撮影

 2020年東京五輪・パラリンピックの競技会場や選手村の建設現場が5日、国内外の報道陣に公開された。

     公開されたのは選手村や新国立競技場、体操会場の有明体操競技場、水泳が行われるオリンピックアクアティクスセンターなど6カ所。いずれも建設や整備が進み、19年から20年初めにかけての完成を予定している。

     中でも注目されたのは、カヌー・スプリントとボートを実施する海の森水上競技場と、総合馬術が行われる海の森クロスカントリーコース。ものすごい強風が吹き付けるが、羽田空港に近く、着陸する航空機がひっきりなしに上空を通過していく様子は壮観で、その様子を撮影する報道陣が相次いだ。

     ただ、大きな音が響くことから、報道陣からは馬への影響を問う声も上がった。これに対し、大会組織委員会の担当者が「急に大きくなる音は影響があるが、(航空機のように)徐々に大きくなる音は影響を与えない。国際馬術連盟にも確認している」と答える一幕もあった。【福田智沙】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
    2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
    3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
    4. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問
    5. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです