メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

聖火リレー 「三重の魅力発信を」 県実行委が津で初会合 /三重

 2020年東京五輪の聖火リレーの県内ルートを決める県実行委員会が6日設立され、津市内で初会合が開かれた。来年3月までにランナーが走る市町と詳細ルートを決める。

 実行委は自治体や県警、県体育協会の関係者ら8人で構成し、会長には鈴木英敬知事が就いた。鈴木知事は「三重の魅力的なスポットや、多様性とか未来につなげるというメッセージが発信できる聖火リレーにしたい」とあいさつした。

 会議では「多くの小中学生に見てもらえるルートが望ましい」「1人でも多くのランナーが走ることが重要」…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文504文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道震度7 主要活断層帯を刺激する恐れも
  2. 北海道震度6強 震源37キロ 異例の深さ
  3. 北海道震度7 海外観光客「怖かった」
  4. 元モーニング娘。 吉澤ひとみ容疑者 飲酒ひき逃げで逮捕 赤信号無視 2人ケガ(スポニチ)
  5. 訃報 バート・レイノルズさん82歳=米俳優

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです