メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

聖火リレー 年内に通過市町選定へ 県実行委の初会合 /広島

 2020年東京五輪聖火リレーの県内ルートなどを決める県実行委員会(会長、湯崎英彦知事)が6日、設立された。県庁で初会合があり、年内にも通過する自治体を選ぶことを確認した。

 県実行委は知事、県体育協会会長、県警本部長ら6人で構成。聖火リレーは20年3月に福島県を出発、121日間かけて47都道府県を巡る。県内通過は5月18、19…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文410文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 事故 青森の車4台衝突 搬送8人のうち3人死亡確認
  3. レスリング 栄氏が至学館大を退職 
  4. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです