メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京パラリンピック

チリのパラ合宿「南三陸と連携」 加美町が誘致へ /宮城

 加美町は、7日の閣議で南米チリの「復興『ありがとう』ホストタウン」に登録されたことを受け、猪股洋文町長が記者会見し、2020年東京パラリンピックで同国のカヌー競技の事前合宿地誘致に向けて協議を開始すると表明した。チリは南三陸町との交流が深く、ホストタウンに正式に決まれば両町で連携して住民との交流などに取り組むという。

 南三陸町は1960年の「チリ地震津波」で41人が犠牲となったことを機に同国と交流。同国から旧志津川…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文570文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです