メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

荻原健司さん

蔵王で五輪教室 「好きなこと見つけて」 /宮城

 ノルディックスキー複合の五輪金メダリスト、荻原健司さんが教師役を務める「JOCオリンピック教室」が6日、蔵王町立円田中学校であった。参加した同中の2年生33人は、オリンピックの歴史や精神を学んだ。

 五輪出場のアスリートが教師役となり、自分の経験を通してオリンピックの価値などを伝え、その精神を生活の中で生かしてもらおうと、日本オリンピック委員会(JOC)が全国の中学校で開いている。県内の開催は初めて。

 1時間目は体育館で体を動かすことの楽しさを学んだ。生徒たちは荻原さんが考案した「そりスキー」に2人…

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文664文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)
  5. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです