メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

五輪担当相、県庁で意見交換 ホストタウン自治体と /宮城

 2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、鈴木俊一五輪担当相は11日、県庁を訪れ、知事や県内のホストタウン自治体と意見交換を行った。鈴木氏は「復興五輪・パラリンピックの名にふさわしい大会にするため協力をお願いしたい」と呼びかけた。

 県内では、東日本大震災で被災した自治体が震災時に支援を受けた国・地域に復興の姿を見せつつ、住民との交流をする「復興『ありがとう』ホス…

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文461文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドイツ 首相、長官人事を再協議 支持率急落受け
  2. ORICON NEWS 女優・矢作穂香、夜の新宿で魅せた美しさ 体全体で思いを表現
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 核兵器廃絶 吉永小百合さん「核兵器のこと考えて」
  5. 大相撲 「少し自分にご褒美をあげたい」白鵬、笑顔で

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです