メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真展

祖父は被爆オリンピアン 故高田静雄さんの軌跡伝える 選手、写真家そして遺影で3度 西区の孫が各地で /広島

 1936年のベルリン五輪に出た後、広島で被爆したオリンピアンがいた。砲丸投げの故高田静雄さん。戦後は原爆症と闘いながら写真家として2度目、遺影となって3度目の“五輪出場”を果たした。2020年東京五輪を前に、ネガなどの遺品を整理している孫の敏明さん(55)=西区=は、祖父を知ってもらおうと、各地で作品展を開いている。

 「ベルリン五輪で支給されたものです」。そう言って敏明さんは、静雄さんが82年前に着た紺色のブレザー…

この記事は有料記事です。

残り948文字(全文1158文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです