メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

FOCUS

パラ強化拠点、経路危険 来年完成予定・第2NTC 音声信号機・点字ブロックない場所も

第2NTC付近の点字ブロックなどを視察する日本パラリンピアンズ協会の河合純一会長(右)ら=2018年8月26日、高橋秀明撮影

 パラアスリートが優先的に利用できる国の強化拠点として建設中の第2ナショナルトレーニングセンター(NTC、東京都北区)について、周辺地域や最寄り駅からのルートに危険な地点があることが、日本パラリンピアンズ協会(河合純一会長)などの調べで明らかになった。第2NTCは2020年東京五輪・パラリンピックに向け、来年6月に完成予定だが、アクセス面での課題が浮き彫りになった。【高橋秀明】

 調査は先月26日、視覚障害や車いすユーザーの元選手らが参加して行われた。第2NTCから最寄りの地下…

この記事は有料記事です。

残り984文字(全文1224文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. 官邸・与党「ちぐはぐさ」露呈…補選2敗 安倍政権、影響抑えに躍起
  3. ’19統一地方選 市議選の開票結果(その1)
  4. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  5. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです