メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

ソフト、福島で6試合 増やして復興推進へ

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は福島県営あづま球場(福島市)で実施するソフトボールの試合数を6試合に増やす方針を固めた。福島県などと最終調整する。当初は1試合の予定だったが大会の理念とする復興五輪を推し進める狙いがある。

 大会の競技日程の大枠は7月の国際オリンピック委員会(IOC)理事会で承認された。ソフトボール…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文414文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  2. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  3. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  4. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  5. 高校ラグビー 大阪第3地区は常翔学園に

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです