メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

26年冬季五輪

札幌、断念 「30年以降」IOCに説明へ

 日本オリンピック委員会(JOC)は13日、竹田恒和会長と札幌市の町田隆敏副市長が、スイス・ローザンヌを訪問して国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と17日に会談することを明らかにした。冬季五輪招致で2026年を断念する意向を伝え、30年以降を目指す方針の変更について、バッハ会長に理解を求める。

 札幌市はIOCの招致プロセスで、立候補の可能性を探る第1段階の「対話ステージ」に参加している。10…

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文616文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 三鷹でアパート火災、1階の部屋から1遺体
  3. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り
  4. 硫黄島戦没者遺骨 遺族「DNA鑑定を」 厚労省は「遺品なし」理由に拒否
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです