メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

着られなかった日の丸シャツ 64年幻の聖火リレーのランナー、思い出持ち寄る 「走ろう」東灘で例会 /兵庫

1964年当時の写真やシャツなどを眺める参加者=神戸市東灘区で、米山淳撮影

 2020年の東京五輪に合わせ、1964年の東京五輪で台風のため中止された聖火リレーの再現を計画しているプロジェクト「56年目のファーストランの会」の第3回例会が16日、神戸市東灘区で開かれた。プロジェクトは当時の参加予定者を探しており、今回は10人の「幻のランナー」が初参加。着用するはずだったランニングシャツなどを持ち寄り、当時の様子を懐かしんだ。【米山淳】

 64年9月25日の聖火リレーには神戸市や西宮市の中高生ら約700人が走る予定だったが、台風が近づい…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  3. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  4. クルド人男性 仮放免取り消され、入管施設収容 「早期解放を」 日本人女性と結婚後、わずか2カ月 /埼玉
  5. チェック 「ハーフ」偏見ない? なおみフィーバー、議論活発 都合のいいとき「日本人」/「ガイジン」いじめ、差別も

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです