メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

着られなかった日の丸シャツ 64年幻の聖火リレーのランナー、思い出持ち寄る 「走ろう」東灘で例会 /兵庫

1964年当時の写真やシャツなどを眺める参加者=神戸市東灘区で、米山淳撮影

 2020年の東京五輪に合わせ、1964年の東京五輪で台風のため中止された聖火リレーの再現を計画しているプロジェクト「56年目のファーストランの会」の第3回例会が16日、神戸市東灘区で開かれた。プロジェクトは当時の参加予定者を探しており、今回は10人の「幻のランナー」が初参加。着用するはずだったランニングシャツなどを持ち寄り、当時の様子を懐かしんだ。【米山淳】

 64年9月25日の聖火リレーには神戸市や西宮市の中高生ら約700人が走る予定だったが、台風が近づい…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文552文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  2. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告
  3. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  4. ORICON NEWS 堀ちえみ『金スマ』で涙の告白 当初は緩和ケア望むも、娘の一言でがん闘病決意
  5. 明石家さんま 又吉直樹脚本で結婚と離婚をドラマ化 大竹しのぶ役は剛力彩芽 さんま役は斎藤工

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです