メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊東京五輪

長官と語る・2020への決意 スポーツ庁・鈴木大地 ホッケー女子主将・内藤夏紀、男子主将・山下学

アジアで頂点、自信に

 スポーツ庁の鈴木大地長官が東京五輪に向けてアスリートや指導者と語り合う「長官と語る 2020への決意」は、ジャカルタ・アジア大会でともに初優勝したホッケーの男女日本代表を迎えた。女子代表「さくらジャパン」の内藤夏紀主将(27)=ソニー=と男子代表「サムライジャパン」の山下学主将(29)=小矢部REDOX=らが、大会の舞台裏や強化の現状について長官と語り合った。【構成・田原和宏】

この記事は有料記事です。

残り2622文字(全文2823文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  2. 質問なるほドリ リュウグウ、どんな小惑星? 炭素多く含む 「はやぶさ2」有機物採取へ=回答・池田知広
  3. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回
  4. 「大好きだよ、はやぶさ2」ブライアン・メイさんが応援メッセージ
  5. 高層ビルで「湯ったり」 若い女性をメインターゲット

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです