メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

陸上競技 仏代表、三木で事前合宿 県、市と協定 /兵庫

事前合宿の協定書に調印した(手前右から)西上三鶴・県教育長、アンドレ・ジロー仏陸連会長、仲田一彦・三木市長=仏タランスで2018年9月15日、兵庫県教委提供

 2020年東京五輪で、陸上競技フランス代表チームの事前合宿地が三木市に決まった。県、三木市、仏陸上競技連盟の3者が今月、協定書に調印した。合宿は19年春と20年夏の計2回実施され、県立三木総合防災公園(三木市志染町三津田)の陸上競技場を利用する。19年は市民らとの交流も予定している。【浜本年弘】

 調印は今月15日、仏タランスでアンドレ・ジロー仏陸連会長、西上三鶴・県教育長(知事代理)、仲田一彦・三木市長が行った。合宿は19年4月に10日間(選手・スタッフ計約50人)、20年7~8月に15日間(同約100人)。仏国内4県と既に交流のあった兵庫県が誘致を進め、昨年…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 偶然に導かれ「再会」切手から身元判明の平塚真澄さんの遺骨、遺族へ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. 飯豊まりえ ホラー映画「シライサン」で初単独主演 乙一が長編監督デビュー

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです