メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

巨額五輪、圧縮方便にクギ 代々木改修、薬物対策は「経費」 検査院「国負担8000億円以上」

2020年東京五輪・パラリンピックの負担額

 2020年東京五輪・パラリンピックの開催にはいったいいくらかかるのか。会計検査院が4日に公表した報告書は根本的な疑問を投げかけた。昨年12月に大会組織委員会と東京都が公表した第2弾(V2)予算の1兆3500億円が経費の全体像と強調されてきたが、実態は会計検査院が指摘した関連経費まで含めれば現状でも2兆8000億円規模となるためだ。ブラックボックス化していた経費の実像を示さなければ国民の不信感は高まる。【田原和宏、村上正、竹内良和】

 大会経費を1兆3500億円と試算したV2予算は昨年末に発表された。「大会経費」とは国際オリンピック…

この記事は有料記事です。

残り1828文字(全文2096文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 夫婦別姓訴訟 賠償棄却判決 「現行制度合憲」 東京地裁
  3. 「新潮45」問題を考える 「ヘイトの意味 勘違いしていませんか?」 ジャーナリスト・安田浩一さん
  4. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  5. 風知草 バイカル湖に寄せて=山田孝男

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです