メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

大会期間の渋滞対策を議論

東京オリンピック・パラリンピックの安全な運営を話し合った「第3回都市セキュリティ・シンポジウム」=5日、東京都千代田区の共立講堂で、河出卓郎撮影

 東京オリンピック・パラリンピックの安全な運営を考える「第3回都市セキュリティ・シンポジウム~2020年に向けたインフラ機能を考える」(毎日新聞社主催、警察庁、警視庁など後援、JR東日本、セコム、東京海上日動協力)が5日、東京都千代田区の共立講堂で開かれ、約200人が参加した。

 大会期間中は、鉄道、道路の渋滞対策など…

この記事は有料記事です。

残り147文字(全文306文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  4. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測
  5. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです