メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

五輪、テレビ優先加速 20年「追加競技」ルール変更相次ぐ

テレビを意識した主な競技ルール変更

 2020年東京五輪での採用が決まった「追加競技」で、テレビ視聴者を意識した「五輪仕様」のルール変更が相次いでいる。競技団体は次回の24年パリ五輪以降の五輪定着を目指し、国際オリンピック委員会(IOC)へアピールしているが、競技への影響を懸念する声もある。

メダル争い、構図に変化

 世界空手連盟(WKF)は5日、仮想の敵との攻防を演武して出来栄えを競う「形」に、従来の旗判定からフィギュアスケートのような採点方式を来年1月から導入することを決めた。

 IOCから旗判定では優劣が分かりにくいと指摘されたことを受け、勝敗の基準を数値化。7人の審判が技術…

この記事は有料記事です。

残り1782文字(全文2055文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 出所不明の香港の「シラスウナギ」 日本に6トン
  3. 盛岡大付が延長サヨナラ 21世紀枠石岡一、最後に力尽きる
  4. 名古屋・栄地区活性化に 情報発信スポット「S.Core」開設へ 松坂屋
  5. 夫婦別姓訴訟 賠償棄却判決 「現行制度合憲」 東京地裁

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです