メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小原、30キロ過ぎ2度のスパートも空回り 2位にも表情は晴れず

大阪国際女子マラソンで2位でフィニッシュした小原怜=ヤンマースタジアム長居で2019年1月27日、木葉健二撮影

大阪国際女子マラソン(27日)

 2度のスパートも空回りに終わった。「本当にきつかったが、もう一回チャレンジした。やりきれなかった」と小原怜(天満屋)。日本勢トップの2位にも最後まで表情は晴れなかった。

 30キロ以降の「仕掛け」がテーマだった。狙い通り、ペースメーカーが外れた直後の30キロ付近でスパート。だが、「(体が)動かなかった」と抜け出せない。5キロ後にも再挑戦したが、明らかに表情は険しさを増していた。一瞬、前に出たもの…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. USJ入場料、10連休中「過去最高額」に 混雑緩和なるか?
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 内村航平が予選落ち 体操全日本選手権
  4. USJ年間パス、帰省費を補助…保育士不足に大阪市が奇策
  5. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです