メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

開幕500日前 50種類、躍動の絵文字 競技細分化、64年の2.5倍

2020年東京五輪 競技別ピクトグラム

 2020年東京五輪の開幕まで500日となった12日、大会組織委員会は五輪の実施競技を表す50種類のピクトグラム(絵文字)を公表した。初めて五輪で使用された1964年東京五輪当時のシンプルなデザインを継承しつつ、選手の躍動感を表現した。

 ピクトグラムは、海外からの来場者を想定し、言葉が分からなくても困らないように気配りする日本流の「おもてなし」の一つで、トイレなど施設を示すものは東京五輪をきっかけに世界中に広がった。

 64年の東京五輪では20種類だったが、今回は全33競技で50種類と2・5倍に増加。自転車のロード、…

この記事は有料記事です。

残り748文字(全文1008文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  3. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  4. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ
  5. J1神戸 ポドルスキ暴言問題に無言…進展なしもインスタ更新(スポニチ)

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです