メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

対談

パラ自転車で感じる風 自民党前総裁 谷垣禎一さん×パラ自転車・ロード世界選手権覇者 杉浦佳子さん

自転車の魅力や障害による心境の変化などを語り合った谷垣さん(左)と杉浦さん=和田大典撮影

 自転車事故で頸髄(けいずい)を損傷して政界を引退した自民党前総裁の谷垣禎一さん(74)と、パラスポーツの自転車競技で昨年のロード世界選手権(イタリア)を制した杉浦(旧姓・野口)佳子(けいこ)さん(48)=楽天ソシオビジネス=がこのほど対談した。3年前の同時期に自転車事故で負傷した2人は、競技への思いや障害による心境の変化、2020年東京パラリンピックへ向けた目標や期待などを語り合った。【構成・山口一朗】

この記事は有料記事です。

残り3485文字(全文3689文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定食「やよい軒」、一部店舗でおかわり有料化 客から「不公平感」に意見
  2. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです