メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

事前キャンプ 紛争で困窮の南スーダン、前橋市に「お任せを」

前橋市の支援に感謝の気持ちを述べるJICA南スーダン事務所長の友成晋也さん。「南スーダンの人たちの運動の能力は高く、活躍を期待できる」と話した=前橋市役所で、鈴木敦子撮影

受け入れ1年間「ふるさと納税」活用

 アフリカ東部に位置する南スーダンの選手団が、2020年東京五輪・パラリンピック出場へ向け、今年9月から前橋市で約1年間にわたり事前キャンプをすることになった。60年以上前から断続的に続いた紛争の影響で練習施設すらなく、困り果てていたところ、国際協力機構(JICA)が日本国内で受け入れ先を探し、前橋市が手を挙げた。市は資金2000万円について、来月1日から募る「ふるさと納税」でまかなう考えだ。【鈴木敦子】

 南スーダンの選手団は、五輪選手3人とパラリンピック選手1人、コーチ1人の計5人。陸上競技に出場する…

この記事は有料記事です。

残り736文字(全文1007文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. スリランカ爆発 日本人1人の死亡確認 政府筋
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. スリランカ爆発 容疑者7人を逮捕
  5. ’19統一地方選 市議選の開票結果(その1)

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです