メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2019

五輪役職、退任表明 外圧、竹田氏に引導 IOC、リスク回避

JOCの竹田恒和会長と東京五輪招致の主な経緯

 東京五輪・パラリンピック招致を巡る不正疑惑は、ついに日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長(71)の退任に発展した。18年務めたJOC会長を6月で降り、7年続けた国際オリンピック委員会(IOC)委員からも退く。竹田氏は一貫して潔白を主張するが、外圧に押し切られた格好だ。竹田氏が去っても疑念は残ったままで、1年4カ月後に迫った大会に向け「火種」を抱えたままカウントダウンは進む。

 竹田氏がJOC理事会で自ら「退任」を切り出す数時間前、東京・霞が関で政府関係者が声を潜めた。「退任…

この記事は有料記事です。

残り1897文字(全文2141文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 千葉 「記憶ない…」私立高副校長が泥酔し女湯に侵入
  4. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです