「オーバーオール」と「サロペット」の違い

2014.11.04

クリップする

0

Facebookシェア

0

Twitterシェア

0

Google+シェア
 
「オーバーオール」と「サロペット」の違い
「恐ろしい」と「怖い」の違い
危険や良くないことが起きそうで不安…どう使い分ける?
2014.11.01
「オーバーオール」は英語でつなぎ服のこと。デニム地が多い。
「サロペット」は仏語でつなぎ服のこと。素材、スタイルは多様。
ギョロ星人はまだ「サロペット」にこだわっています。
ケビンによると、ギョロの場合は、「ロンパース」っぽいとか。
「ロンパース」は元々、赤ちゃん用のつなぎを指す言葉。ギョロ星人は幼児体形ですからね。
ママン……。
日本のお店では「オーバーオール」と「サロペット」、どちらも売られています。
それらを見渡してみると、傾向はありそうです。
「オーバーオール」はデニム地のものが多く、男性向けと女性向けの両方があります。
一方の「サロペット」はデニム地以外にもいろいろな生地を使用していて、女性向けが多いようです。
スタイルもさまざまで、胸当てのないものもあります。
これらの他にも、「オールインワン」、「コンビネーション」、「コンビネゾン」、「ロンパース」といった言葉も「つなぎ」服を意味するものです。
「オーバーオール」と「サロペット」。
この二つは基本的には「同じもの」。
上下がつながっている「つなぎ」服で、上着の部分に胸当てとつりひもがついています。
元々は農作業などで汚れる時に着る作業着でした。
違いは「オーバーオール」が英語、「サロペット」が仏語ということだけ。
ケビンは「オーバーオール」と呼びました。
ギョロ星人は「サロペット」にこだわっています。
この二つ、どこがどう違うのでしょうか?
ギョロ星人が「サロペット」を着ています。
「オーバーオール」と「サロペット」の違い
ギョロ星人「よりキュートになったギョロ」
1
8

テーマ別

政治経済国際社会スポーツ訃報エンタメITくらしコラム自衛隊貧困医療

この記事の関連リンク


”赤文字系”ファッションって何?の巻【11年9月配信】

上手な衣替えのコツ【12年10月配信】

ウォームビズの極意【13年11月配信】

流行色って誰が決めるの?の巻