「キャッシュ」と「クッキー」の違い

2014.12.21

クリップする

0

Facebookシェア

0

Twitterシェア

0

Google+シェア
 
「キャッシュ」と「クッキー」の違い
「交響曲」と「協奏曲」の違い
ソロがあるかないか あるのはどっち
2014.12.16
「キャッシュ」はコンピューターに一時的に記憶された使用頻度の高いデータのこと、「クッキー」は端末に保存されたウェブブラウザー利用者の情報のことです。
「キャッシュ」が現金のことではないことを知って驚く虎鉄先生。
キャッシュがたまればIT長者ですね。
「キャッシュ」はお金の意味ではなかったのですね。
一方の「クッキー(cookie)」は、パソコンなどに蓄積されたウェブブラウザー利用者の情報のことです。
「クッキー」を残すことによって、次回以降に同じサイトを利用する際に、利用者情報を書き込まなくていいというメリットがあります。
ちなみに、キャッシュもクッキーも消去することができます。
「キャッシュ」は一時的に記憶された使用頻度の高いデータや、その記憶の仕組みのことです。
これは、現金の「cash」ではなく、貯蔵庫などを意味する「cache」が正しいのでご注意ください。
虎鉄先生はさっぱり分からないようですね。
コンピューターやインターネットの話です。
難しいIT用語を分かりやすく解説します。
虎鉄先生は貯金をしながら、おいしいものを食べる生活が理想だそうです。
ボーナスの話ではなく、パソコンの「キャッシュ」と「クッキー」の話だったようで…
「キャッシュ」と「クッキー」の違いを解説します。
1
8

テーマ別

政治経済国際社会スポーツ訃報エンタメITくらしコラム自衛隊貧困医療

この記事の関連リンク


PC乗っ取り!の巻

データの復旧方法は?

個人情報は誰のもの?

個人情報の範囲は?