メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東アジア・クライシス

米国を手玉に取った独裁者の原点 金正恩最側近の極秘手記をスッパ抜く!=鈴木琢磨

文書に署名した後、握手するトランプ米大統領(右)と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長=AP

 シンガポールでの史上初の米朝首脳会談は金正恩の完勝だった。「非核化」をあいまいにしたまま、不倶戴天(ふぐたいてん)の敵・米国のトランプ大統領から体制保証の手応えを得たはずだからだ。大国を手玉に取る若き独裁者の外交手腕、その原点を初めて明かした最側近の極秘手記をスッパ抜く―。

 それは予想もしない突然の動きだった。世紀の談判を翌朝に控えた6月11日夜、金正恩(キム・ジョンウン)は滞在先の高級ホテル「セントレジス」を抜け、妹の与正(ヨジョン)らと超高層ビルの建ち並ぶシンガポールのナイトツアーに出かけたのだ。ぎりぎりまでスイートルームにこもり、トランプ攻略の作戦会議でもしていそうなものだが、カジノも入った「マリーナベイ・サンズ」に姿を現したかと思えば、案内役のシンガポール外相と笑顔で自撮りに応じた。観光客に手を振るシーンまであった。資本主義の象徴ともいえるまばゆく輝く国際金融都市の夜景、2人の胸に何が去来したのだろうか。

 このナイトツアーに同行したのが李洙ヨン(リ・スヨン)だった。朝鮮労働党副委員長で、3月と5月にあっ…

この記事は有料記事です。

残り3450文字(全文3913文字)

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 魔裟斗&須藤元気が山本KIDさん追悼 04年&05年大みそかにKIDさんと対戦
  2. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  3. 北電 苫東1号機18日夕にも復旧 節電協力も緩和
  4. 訃報 山本KID徳郁さん、がんで死去 総合格闘家
  5. 金足農 寄付2億7000万円に 文化祭は一般公開中止に

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです