メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

倉重篤郎のサンデー時評

安倍政権「最大の弱点」 拉致問題「最終解決」ができない“元凶” ナショナリズムを煽るなかれ!

倉重篤郎・本紙専門編集委員

 拉致問題をめぐる北朝鮮への強硬姿勢は、安倍首相の人気を高めてきた。だがその安倍外交こそが拉致問題の解決を妨げていると「サンデー時評」倉重篤郎は言う。真の解決には何が必要か。民族問題研究家の太田昌国氏(74)と、かつて小泉首相の北朝鮮電撃訪問を支えた元外交官の田中均氏(71)に訊く。(一部敬称略)

 今でも鮮明に覚えている。

 1980年1月7日付の産経新聞が報じた「アベック3組ナゾの蒸発」「外国情報機関が関与?」とする1面…

この記事は有料記事です。

残り5656文字(全文5868文字)

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  3. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです