メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マムシの小言

昭和・平成 世紀をまたいだ辻説法師/6 鬼籍の人を思い起こす ゆえに我あり!

 前回は、同じ時代を生きるジジイババアと若者は語り合えって話をしたけど、今日は、あっちへ行っちゃった、いわゆる鬼籍に入った人と語り合えって話だ。

 俺はこっちのジジイババアをかまうけど、最近は、あっちの人をかまうことも多くなってきて、忙しくてしょーがねぇーや。

 7月2日に、歌さん(桂歌丸さん)があっちの人になっちゃった。俺と同じ昭和11年生まれ。俺は早生まれだから歌さんの方が学年は一つ下だけど同じ時代を生きた大切な人だった。「笑点」で座布団運んでた頃を思い出すよ。そのつながりのもとは談志(立川談志さん)だ。歌さんにしろ談志にしろ、今後もこの連載で話題にすると思うけど、今日俺が話したいのは永さん(永六輔さん)のことなんだよ。7月7日は三回忌だった。その翌日「夢であいましょう~永六輔さん 今宵はあなたと~」というイベントが催されたんだ。永さんが手がけた「夢であいましょう」という今や伝説のバラエティー番組の名を冠したイベントだよ。当時、若手で活躍した田辺靖雄ちゃんと…

この記事は有料記事です。

残り653文字(全文1088文字)

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  4. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
  5. 核兵器廃絶 吉永小百合さん「核兵器のこと考えて」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです