メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

牧太郎の青い空白い雲

/680 「二手指し」の妙技で「オウムの林郁夫」が恩赦になる?

 将棋の若き天才・藤井聡太七段が「二手指し」をした!という“疑惑”が隠れた話題になった。

「二手指し」は相手の順番をすっ飛ばし、そのまま「二手続けて指す」行為。当然、反則負けである。

 コトは6月29日、藤井聡太七段と増田康宏六段が対戦した、竜王戦決勝トーナメント2回戦。インターネット中継で放送された終盤の局面を見ると、上側(後手)の藤井クンが「後手8六桂」と打ちかけている姿が映っている。ところが次の瞬間、藤井クンは「8六の桂」を駒台にあわてて戻し「後手8九飛」と王手を打った。

 何が起こったの? 「二手指し」ではないの? 視聴者のコメントが画面に一斉に流れた。

この記事は有料記事です。

残り1673文字(全文1954文字)

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  2. 東京 コインロッカーから乳児遺体 無職女性が事情知る?
  3. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  4. 金箔瓦 岡崎城に黄金の葵 徳川・歴代最古
  5. ORICON NEWS 女優・矢作穂香、夜の新宿で魅せた美しさ 体全体で思いを表現

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです