メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

校閲至極

/10 広辞苑に載った「エロい」に興奮

加藤剛さん=2014年5月、宮間俊樹撮影

 「大岡越前」で有名な加藤剛さんが亡くなりました。近年では映画「舟を編む」で老国語学者に扮(ふん)した笑顔が忘れがたい名優でした。

 三浦しをんさんの同名の原作には、冒頭近くにこの国語学者とベテラン辞書編集者との会話があります。辞書とのなれそめについて「ちょっと色っぽい言葉を引いてみたりもしたでしょう」と水を向ける編集者に「ふっふっふっ」と笑ってごまかす学者。私も中学生の頃、早熟な友達が辞書でその手の言葉を見つけては触れ回っていたことを思い出しました。無味乾燥な辞書という世界の中に禁断の実があるのが思春期男子にとって無邪気に面白かったのでしょう。

 映画では加藤剛さんが新しい辞書の編集会議で「マジ、ダサい、うざい」などの俗語も取り入れたいと爽やか…

この記事は有料記事です。

残り803文字(全文1128文字)

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コトバ解説 「風疹」と「麻疹」の違い
  2. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  3. 風疹 症状、妊婦への影響、予防法・・・Q&Aまとめ
  4. 館林市議選 投票者総数より多かった 「謎の1票」なぜ
  5. 風疹 流行続く 患者127人増

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです