メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

倉重篤郎のサンデー時評

安倍政権はこのままでいいのか! 安倍外交は「100年の禍根を残す」

安倍晋三首相=川田雅浩撮影

「従米・嫌中」路線を変えられるか!

山崎拓・元自民党副総裁、宮城大蔵・上智大教授

 米国支配が終焉を迎え、東アジアに緊張緩和が生じている今、「従米・嫌中」の安倍外交が、著しく時代と乖離してきている。この転換期に安倍路線を突き進むことは100年の禍根を残すことになると見る倉重篤郎が、自民党国防族のボスだった山崎拓氏(81)と、上智大教授の宮城大蔵氏(50)に「あり得べき別の外交」を訊く―。(一部敬称略)

 かつて、元官房長官の後藤田正晴氏が日米同盟見直し論に言及したことがあった。冷戦が終結しソ連が崩壊し…

この記事は有料記事です。

残り5465文字(全文5715文字)

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  2. 仙台・警官刺殺 容疑の男、刃物と機関銃様のもの所持
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  5. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです