メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特別読み物

「白虹事件」から100年 空前の“言論弾圧”と赤報隊事件 何が「社会の自由」を危うくするのか=樋田毅

 「明治維新150年」をはやし立てる政府だが、今年は米騒動から100年に当たる。空前の民衆暴動のさなか、最悪の言論弾圧が行われた。「白虹事件」である。提起した問題は、今なお未完だと見るジャーナリストがいる。赤報隊事件を追い続けてきた樋田毅氏だ。

 白虹(はっこう)事件―といってもピンとこない人が多いと思うが、今から100年前に起きた大阪朝日新聞(当時は大阪朝日、東京朝日の2社体制)に対する言論弾圧事件である。弾圧したのは時の長州閥政府で、右翼によるテロも起きた。朝日新聞は存亡の危機に立たされ、「全面屈服」の道を選んでいた。

 私がこの言論弾圧事件に興味を持ったのは、1987年に起きた朝日新聞阪神支局襲撃事件の取材を通してで…

この記事は有料記事です。

残り7106文字(全文7419文字)

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)
  5. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです