メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

倉重篤郎のサンデー時評

何でもあり!カウントダウン総裁選 安倍首相「9条改憲」大暴走の結末

桜島を背景にして、自民党総裁選に立候補すると正式に表明する安倍晋三首相=鹿児島県垂水市の海潟漁港で2018年8月26日、新開良一撮影

▼野放しの「モリ・カケ不信」

▼公明党「不気味な壁」

 違和感だらけの総裁選。岸田文雄氏の不出馬、メディアへの「公正」強要、そして安倍首相の9条改憲発言だ。拙速な改憲は最大の愚策と言い切る「サンデー時評」倉重篤郎が、たとえ3選となっても「安倍改憲案」が実現困難である理由を、多方向から掘り下げる。

 この総裁選、三つの違和感がぬぐえないでいる。

 一つは、もう旧聞に属するが、岸田文雄氏の不出馬である。派閥の大半が主戦論で、彼に派閥を譲り渡した古…

この記事は有料記事です。

残り5098文字(全文5317文字)

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドイツ 首相、長官人事を再協議 支持率急落受け
  2. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  3. 山梨 ミッキー、甲府に登場「開府500年」100日前
  4. 女子剣道 早大が15連覇 早慶対抗
  5. あの人に会った 関西ジャニーズJr. 西畑大吾さん

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです