メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

芸能

幸せつかんだはずなのに… スケバン刑事、南野陽子の誤算

南野陽子さん=2013年撮影

 女優の南野陽子(51)が夫のK氏(47)の不行跡で重大な岐路に立たされている。下手すると、「スケバン刑事(デカ)」よろしくその筋が登場しかねない動きもあるという。ナンノに何があったのか。

 取材を続けてきた夕刊紙の記者が話す。

「K氏をめぐっては女性問題が発覚したり、運転手を務めていた男性への暴行容疑で書類送検されるなどトラブルが続いていました。ただほとんどのメディアは、南野が所属する大手プロを忖度(そんたく)して沈黙。当の南野も良き夫を演じるK氏を信じてかばってきました。でも、限界でしょう」

 男運がないといわれた南野がK氏と結婚したのは8年前のこと。バツイチとはいえ、IT関連会社の社長とい…

サンデー毎日

サンデー毎日は毎日新聞出版から毎週火曜日に発行されている週刊誌。1922年に日本で初めての総合週刊誌として創刊されました。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 定食「やよい軒」、一部店舗でおかわり有料化 客から「不公平感」に意見
  3. 維新が兵庫で勢力拡大 大阪の勢い取り込み 県内市議選、18人中17人当選
  4. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです