メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

  • 忘れられた夜学=玉木研二

     <ka-ron> 超党派の「教育機会確保法」成立で、夜間中学増設の機運が高まっている。 夜間中学は戦後しばらくしての登場だが、義務教育段階の夜学の歴史は古い。…

    (2017年3月21日 03:27)

  • 「社会派」の系譜=玉木研二

     <ka-ron> 第89回アカデミー賞で作品賞などを得た「ムーンライト」(バリー・ジェンキンス監督)は黒人少年シャロンの成長を軸に展開する。 といっても、日の…

    (2017年3月14日 02:41)

  • アトムの涙=玉木研二

     <ka-ron> 社会のさまざまな分野に浸透し始めた人工知能(AI)。記事にならない日はないほどだ。 新しもの好きの心を刺激するだけではない。人類が初めて、人…

    (2017年3月7日 02:27)

  • 水上の語り=玉木研二

     <ka-ron> 前回、「水上生活者」の子供たちが学んだ東京の水上学校に触れたが、東京に限ったことではない。 例えば横浜には、クリスチャンの小学校教諭、伊藤伝…

    (2017年2月28日 03:27)

  • 水上の近現代史=玉木研二

     <ka-ron> いま文部科学省が改定作業を進めている高校の次期学習指導要領で、目玉の一つは「歴史総合」だ。近現代を中心に日本と世界の動きを連動的に学ぶという…

    (2017年2月21日 03:13)

  • 自由教育令と今=玉木研二

     <ka-ron> 学校教育改革を論じれば、皆昔に先例や似たような話がある。苦笑交じりにこう言った文部科学省の元幹部がいる。違いない。 例えば、明治初期の「自由…

    (2017年2月14日 03:44)

  • 「沈黙」から=玉木研二

     <ka-ron> 「共通の価値観」が同盟の礎であるという。外交でよく語られるが、異国、異文化同士が容易に「わかる」間になれるものだろうか。 遠藤周作の長編をマ…

    (2017年2月7日 02:11)

  • 「1984年」再び=玉木研二

     <ka-ron> トランプ大統領の誕生を受けて、アメリカで今ジョージ・オーウェルの政治風刺小説「1984年」がベストセラーの勢いという。戦後間もない頃の作品で…

    (2017年1月31日 02:37)

  • 内なるアイヒマン=玉木研二

     <ka-ron> 世界はまだこの男から苦い教訓を引き出しきれていないのかもしれない。 ナチ親衛隊中佐でユダヤ人絶滅計画実行を担った一人、アドルフ・アイヒマン。…

    (2017年1月24日 03:09)

  • マッカーシーの幻=玉木研二

     <ka-ron> 一人物の言動を国内外が固唾(かたず)をのんで注視し、その意に沿って歓心を買おうとさえする--。 トランプ次期米大統領をめぐる現象は、つい、戦…

    (2017年1月17日 02:51)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま 中等科卒業記念文集の作文全文
  2. とんかつDJアゲ太郎 テレビアニメ化もされた異色マンガが最終回 2年半の連載に幕
  3. 柳葉敏郎 17年ぶりに“歌声”収録 力強く秋田をPR
  4. 世界の雑記帳 ワニがいる川に飛び込み重傷の豪男性、デートの約束をゲット
  5. 森友学園 籠池氏喚問、懐疑の目 「首相の名誉のため」「ショーにするな」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです