メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

 ベテラン専門記者による日替わりコラム。火曜日は、玉木研二客員編集委員が、長年の社会部取材の経験に裏打ちされた論を展開します。

  • 温暖化という隕石=玉木研二

     <ka-ron> もし、あの隕石(いんせき)の衝突地点が数百キロずれていたら、地球は今なお恐竜が繁栄していたかもしれない。先週報じられた科学研究の分析に興奮し…

    (2017年11月14日 03:38)

  • 3代目の唐様=玉木研二

     <ka-ron> 衆議院選挙は、希望の党の瞬間的旋風と風を読み違えた民進党の離合に野党は陣形を組めず、与党に漁夫の利。「謙虚」どこ吹く風、大勝の自民党からは、…

    (2017年11月7日 02:44)

  • もしケネディが=玉木研二

     <ka-ron> 歴史的な政治家の不慮の死に陰謀説はつきものだ。だが、ジョン・F・ケネディ元米大統領の暗殺ほど長く関心を引きつけ、諸説入り乱れる例はないだろう…

    (2017年10月31日 03:28)

  • ゆだ苑の灯火=玉木研二

     <ka-ron> 国連で核兵器禁止条約採択。国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」にノーベル平和賞。「核なき世界」の希求をめぐり、今年相次いだニ…

    (2017年10月24日 02:48)

  • 半世紀たっても=玉木研二

     <ka-ron> とうに忘れたはずなのに、物を見てにおいや音までよみがえることがある。 「ガリ版」(謄写版)印刷もそうだ。国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)が…

    (2017年10月17日 02:39)

  • 狭き門は正解か=玉木研二

     <ka-ron> 占領期、さまざまな法令や臨時の制度が出ては消えた。多くは忘れられ、教科書にもほとんど載らない。 例えば「都会地転入抑制緊急措置令」。敗戦後間…

    (2017年10月3日 02:55)

  • 「空気感」なき解散=玉木研二

     <ka-ron> 野球のルールは細かい。米大リーグは今季、相手打者と勝負せず敬遠する、つまり一塁へ歩かせる場合、投手が4球のボール(フォアボール)を投げず、申…

    (2017年9月26日 02:35)

  • 1940年の撤退=玉木研二

     <ka-ron> 「よくやった」 「何も。生き残っただけです」 「それで十分だ」 公開中の英米など4カ国合作映画「ダンケルク」(クリストファー・ノーラン監督)…

    (2017年9月19日 02:25)

  • リュック背負って=玉木研二

     <ka-ron> 神奈川県在住の古谷孝さんは今週末に88歳になる。リュックを背負ってバスの停留所に立っていると、尋ねる年配者があった。 「どこの山に?」 「山…

    (2017年9月12日 02:46)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コンビニ ファミマが弁当「忖度御膳」 その忖度とは
  2. 大阪 「子供4人産み、家に遺体」中年女性が交番訪れ申告
  3. NHK 朝ドラ「夏空」ヒロインに広瀬すずさん
  4. グルメ なぜ寒い冬に「冬アイス」が好まれるのかーー98.4%の人が「食べたい」と答える“冬ならでは”の理由とは?
  5. 日馬富士暴行 現場の個室に日本人力士も同席

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです