メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

ベテラン専門記者による日替わりコラムです。火曜日は、大治朋子・前エルサレム特派員が担当します。

  • 再選失敗か魔物か=大治朋子

     <ka-ron> トランプ米大統領の前補佐官、ボルトン氏が回顧録を出版した。 トランプ氏は日本に在日米軍駐留経費増額を求めたり、中国の習近平国家主席に農産物購…

  • 「イージス騒動」と沖縄=大治朋子

     <ka-ron> 「サンクコスト(埋没費用)の呪縛」という経済学の言葉がある。 埋没費用とは回収不能になったお金や時間、労力を指す。それを気にするあまりさらに…

  • セカンドレイプとの戦い=大治朋子

     <ka-ron> 「私個人にむけられた言葉だが、同じような経験をした人に同じようにダメージを与える」 ジャーナリストの伊藤詩織さんが今月8日、自身の性暴力被害…

  • コロナ禍と「死」の想起=大治朋子

     <ka-ron> 最近話題の「有名人による政治批判」や「自粛警察」の現象を「死」というキーワードで説明できるとしたら? 「存在脅威管理理論」。なんだかいかめし…

  • 長期戦で独走 官邸の愚=大治朋子

     <ka-ron> 新型コロナウイルス禍における官邸の独断、独走が目に余る。 学校の全国一律休校に始まり、約260億円かけたマスク配布。政府専門家会議の議事録を…

  • コロナアプリ 効果は?=大治朋子

     <ka-ron> 新型コロナウイルスへの感染拡大防止のため、政府は6月にも、感染者との接触可能性を通知するスマートフォン(スマホ)アプリの運用を始める。 「プ…

  • 「脱法政権」と民衆の怒り=大治朋子

     <ka-ron> 政府・与党が検事総長や検事長らの定年延長を可能にする検察庁法改正案について、今国会での採決を見送った。 その理由について与党は第2次補正予算…

  • 「名誉村民」岡本行夫さん=大治朋子

     <ka-ron> 元外務官僚で外交評論家の岡本行夫さんが新型コロナウイルスに感染して亡くなった。 岡本さんといえば、歯に衣(きぬ)着せぬ権力批判が痛快だった。…

  • 「長期戦」支える力=大治朋子

     <ka-ron> 「新しい生活様式に移行する必要がある」。政府の専門家会議が新型コロナウイルスへの感染防止のため、呼びかけている。コロナ対策は1年以上かかると…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デパート休業、知事選集会の中止…鹿児島のクラスター震源地「おだまLee男爵」はどんなところか

  2. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  3. 蒲島知事「『ダムなし治水』できず悔やまれる」 熊本豪雨・球磨川氾濫

  4. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  5. 「ここまでとは」想定外の雨量、河川改修でも浸水 行動計画も効果不明 熊本豪雨

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです