メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

ベテラン専門記者による日替わりコラム。火曜日は、玉木研二客員編集委員が、長年の社会部取材の経験に裏打ちされた論を展開します。

  • 埋もれた苦悩=玉木研二

     <ka-ron> 旧優生保護法のもと、遺伝性疾患や障害などを理由に不妊手術を強いられた人々がその不当を訴え、国という壁に挑んでいる。「人間としての尊厳」を回復…

    (2018年5月22日 02:37)

  • 明るい街の下で=玉木研二

     <ka-ron> 通りの雑踏や食堂の中に知った顔はないか。「あれ?」といぶかしげな目を向けてくる者はいないか。絶えず視線を走らせる……。 ドイツ映画の近作「ヒ…

    (2018年5月15日 03:07)

  • 君たちはどう学ぶか=玉木研二

     <ka-ron> 民俗学者、柳田国男が栃木県を訪ね、旧制栃木中学(現県立栃木高校)の生徒たちを前に講演したのは、1924(大正13)年6月23日だった。題して…

    (2018年5月8日 02:50)

  • 二枚腰の伝統=玉木研二

     <ka-ron> 映像がたちまち万里を駆ける時代だ。 大相撲巡業の土俵で男性市長が突然倒れ、救命のため土俵に上がった女性看護師に場内アナウンスが下りるよう促し…

    (2018年5月1日 02:22)

  • よみがえる「黙れ」=玉木研二

     <ka-ron> 先週、国会議事堂近くの路上で防衛省統合幕僚監部の3等空佐が、日報問題などを追及している野党議員に対し「お前は国民の敵だ」と繰り返し、罵倒した…

    (2018年4月24日 02:05)

  • 古代ギリシャの伝言=玉木研二

     <ka-ron> <通例の言葉の意味は行為を正当化する意味にすり替えられ、暴勇は男々しい同胞愛と呼ばれ、周到な考慮は臆病者のごまかしと考えられ……> 昨今、国…

    (2018年4月17日 02:43)

  • 日々の記録=玉木研二

     <ka-ron> 日報隠蔽(いんぺい)疑惑に防衛省は揺れ、文書改ざんや口裏合わせ露呈に財務省は立ち往生している。 敗戦。占領される前に、軍部や中央官庁の敷地な…

    (2018年4月10日 03:09)

  • ハンマーが打つ物=玉木研二

     <ka-ron> 現時点で確率はわずかながら、2135年に地球衝突が懸念される小惑星「ベンヌ」をいかにかわすか。 米航空宇宙局(NASA)などのチームが手だて…

    (2018年4月3日 02:40)

  • 沈んだはずが=玉木研二

     <ka-ron> 組織的な文書「改ざん」やデータの都合良い「誤用」は今に始まったことではない。上に合わせる「忖度(そんたく)」もしかり。戦争で苦い教訓を得たは…

    (2018年3月27日 03:22)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 働き方法案 衆院厚労委で可決
  2. 森友 籠池と妻諄子の両被告が保釈 夜に記者会見の予定
  3. 眞子さま 結婚延期 20年に「準備の余裕ない」
  4. アメフット 「謝っても謝りきれない」日大学長が会見
  5. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです