メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

ベテラン専門記者による日替わりコラムです。火曜日は、大治朋子・前エルサレム特派員が担当します。

  • 地震と大統領選予測=大治朋子

     <ka-ron> 米国には大統領選の結果を40年近く当て続けている人がいる。 アラン・リクトマン氏。首都ワシントンにあるアメリカン大学で歴史学を教える教授だ。…

  • 「靴ひも」を結ぶ=大治朋子

     <ka-ron> 障害を抱える人々との交わりを難しくするものがあるとすれば、それは障害そのものなのか、それとも障害を持たない人々が心に宿す「壁」なのか。 そん…

  • 大統領のコロナ感染=大治朋子

     <ka-ron> トランプ米大統領が新型コロナウイルスに感染した。一時は酸素吸入も受けていたようだが、現地時間の5日にも退院と伝えられている。いずれにせよ迅速…

  • それはストーカー?=大治朋子

     <ka-ron> インターネットのSNS(会員制交流サイト)に投稿された情報を手がかりに、投稿した人の住所を割り出して付きまとう――。 海外では「サイバースト…

  • 最強の87歳逝く=大治朋子

     <ka-ron> 「特別な扱いは求めません。男性の皆さん、お願いです。私たちを踏みつけているその足をどけて」 18日に亡くなった米連邦最高裁の女性判事、ルース…

  • 一人の黒人の女性=大治朋子

     <ka-ron> 先日のテニス全米オープンで2度目の優勝を果たした大坂なおみ選手の人種差別抗議運動に、日本のスポンサー企業が微妙な反応を示しているという(毎日…

  • 犬笛選挙広告のワケ=大治朋子

     <ka-ron> 犬笛とは、犬にしか聞こえない周波数の音を奏でる笛だ。 英語ではドッグホイッスル。選挙の季節になると、欧米ではこの言葉を時々耳にする。犬にしか…

  • 安倍政権という縮図=大治朋子

     <ka-ron> 史上最長の安倍政権が終わる。やはりこの政権は、日本社会の縮図だったと改めて思う。 政権の営みを見るたびに思い起こしたのは古代ギリシャの哲学者…

  • 暴力という磁石=大治朋子

     <ka-ron> 「幼いころに暴力に接すると(それに)取りつかれる。人間は、生き残りに関わるデータにひきつけられるように生まれついているが、暴力ほど生き残りに…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  3. 核禁止条約、批准50番目はホンジュラス 国連創設75周年の節目に

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです