STAP細胞論文不正

2014年12月20日

小保方氏とSTAP論文を巡る動き

 STAP細胞研究の中心だった小保方晴子研究員(31)は21日付で理化学研究所を退職する。STAP論文の疑義について、外部有識者による調査委員会が調査している中での「主役」の退場は、真相解明はもちろん、処分の実効性にも影響を与えそうだ。19日理研の記者会見に小保方氏の姿はなかった。坪井裕・理研理事は退職願を受理した理由について「心労が重なっており、これ以上の負担は考慮すべきだと判断した」と述べた。論文調査への影響について、坪井理事は「調査委員長に受理していいか問い合わせ、支障はないと返事があった」と説明した。しかし、今後の聞き取り調査で小保方氏本人の協力を得られるかどうかについては、「全面的に調… 続きを読む

関連ニュース

2014年12月19日

STAP現象の検証結果に対する質問に答える理化学研究所の相沢慎一特任顧問=東京都港区で2014年12月19日午前11時27分、喜屋武真之介撮影

 「STAP細胞は再現できない」と結論づけた理化学研究所の19日の記者会見終了直後、検証実験の責任者である相沢慎一チームリーダーが突然、謝罪する一幕があった。2時間あまりに及ぶ記者会見が終了し、報道陣が退室を始めた午後0時45分ごろ、相沢氏がマイクを握って再登壇… 続きを読む

2014年12月20日

 理化学研究所は19日、STAP細胞の有無を確かめる検証実験の打ち切りを発表、STAP細胞の存在は証明されなかった。論文の… 続きを読む

2014年12月19日

 ◇夢との境目消え−−精神科医の香山リカさんの話小保方さんがおしゃれに気を使ったり夢を語ったりする若い女性だったことで必要… 続きを読む

検証結果会見速報
会見一問一答
検証結果
組織改編
特許取得?
処分
早大、学位取り消しも
本調査開始
検証実験プロジェクト
理研が検証
理研改革計画発表
笹井氏自殺
自殺で理研会見詳報
科学記者の視点
笹井氏の会見(4月16日)
笹井氏会見の一問一答
理研調査委最終報告(4月1日)
「白紙STAP論文」
「崩壊・STAP論文」
関係者の動き
疑義広がる
早大、博士号取り消さず
若山教授記者会見
改革委提言書
若山氏会見
撤回合意
小保方氏処分へ
小保方氏会見以後の動き
トカゲのしっぽ切り?
小保方氏の記者会見
記者会見の一問一答
再発防止の対策
小保方氏 不服申し立て
共著の丹羽氏
STAP用語集
理研に何が
浮上する疑問・問題点
結局あるの?ないの?
不自然な画像

写真特集

論点:STAP細胞問題

理研の中間報告

「STAP細胞」発表

社説

子どもにも分かりやすく

小保方晴子氏

関連記事

最新写真特集

毎日新聞社のご案内