STAP細胞論文不正

2015年04月01日

 理化学研究所は、STAP細胞論文問題の対応に当たった川合真紀理事ら4理事が任期満了で退任し、後任に1日付で松本洋一郎・前東京大副学長ら4人を選んだと発表した。野依良治理事長の辞任に伴い、経営陣が刷新される。任期は2017年3月31日まで。STAP問題では、不正を防げなかった組織運営や不正調査の進め方について、経営陣の責任を問う声が上がった。中でも、研究担当だった川合氏は、昨年6月に外部の有識者による改革委員会から管理責任をとって交代するよう求められたが、本人は辞任を否定。野依理事長は昨年10月、川合氏を含む当時の理事5人を厳重注意するにとどめた。新理事は、松本氏の他、加藤重治・前理研理事長特別… 続きを読む

ピックアップ

2015年03月24日

記者会見で、水を口に含む理研の野依良治理事長=埼玉県和光市の理研本部で2015年3月23日午後5時15分、徳野仁子撮影

 STAP細胞論文問題で、理化学研究所の野依良治理事長は23日、理研本部(埼玉県和光市)で記者会見を開き、一連の問題の最大の責任者は「現場の研究者」と述べ、「(責任著者の)小保方(おぼかた)晴子・元研究員は責任重大だが、研究チームが(不正を)防ぐことができなかっ… 続きを読む

2015年03月07日

野依良治理事長

 理化学研究所の野依良治理事長(76)が、今月末で辞任する意向を政府に伝えたことが6日、関係者への取材で分かった。STAP… 続きを読む

2015年02月26日

 論文の盗用や改ざん、個人情報の扱いなど学術研究に関わる倫理を、インターネットを使った「eラーニング」の教材で学ばせる大学… 続きを読む

理事退任
野依氏会見
理事長辞任
倫理教育
理研の処分
不正が確定
調査委が報告書
調査委会見速報
会見の一問一答
検証結果発表
会見一問一答

写真特集

組織改編

特許を取得?

処分

早大、学位取り消しも

本調査開始

検証実験プロジェクト

理研が検証

理研改革計画発表

笹井氏自殺

自殺で理研会見詳報

科学記者の視点

笹井氏会見の一問一答

「白紙STAP論文」

関係者の動き

疑義広がる

早大、博士号取り消さず

子どもにも分かりやすく

最新写真特集

毎日新聞社のご案内