STAP細胞論文不正

2014年07月29日

 STAP細胞の論文不正問題を受け、理化学研究所が設置した改革委員会の岸輝雄委員長(東京大名誉教授)が28日、毎日新聞の取材に応じた。改革委が提言した、発生・再生科学総合研究センター(CDB、神戸市)解体の理由について、「(CDBが)STAP問題と縁を切り、(他の研究者が)本来目的とする研究ができる環境に戻すべきだ」と述べた。改革委は、岸氏を含む6人の外部有識者で構成。今年6月、任期制職員の雇用を確保した上で、早期のCDB解体を提言した。「組織の名前を変え、センター長らを交代して、(論文不正の舞台となった)現在のCDBと違う組織に変えなければならない。そうすることで、新たな組織のトップはSTAP… 続きを読む

ピックアップ

2014年07月26日

 STAP細胞論文の不正問題で、日本学術会議(大西隆会長)は25日、主要著者が所属する理化学研究所に対し、検証実験の結果に関わらず、保存されている試料の調査で不正の全容を解明し、結果に基づいて関係者を処分するよう求める声明を発表した。声明は「(STAP細胞)研究… 続きを読む

2014年07月25日

 理化学研究所の小保方(おぼかた)晴子・研究ユニットリーダー(30)の代理人の三木秀夫弁護士は24日、小保方氏がNHKの記… 続きを読む

2014年07月24日

川合真紀理事

 STAP細胞論文の不正問題で、理化学研究所の川合真紀理事(研究担当)が23日、毎日新聞の取材に応じ、「今年度中にけりをつ… 続きを読む

関係者の動き
疑義広がる
早大、博士号取り消さず
理研が検証
「白紙STAP論文」
若山教授記者会見
改革委提言書
若山氏会見
撤回合意
小保方氏処分へ
小保方氏会見以後の動き
トカゲのしっぽ切り?
笹井氏の会見
小保方氏の記者会見
記者会見の一問一答
再発防止の対策
小保方氏 不服申し立て
共著の丹羽氏
STAP用語集
崩壊・STAP論文
最終報告
理研に何が
浮上する疑問・問題点
結局あるの?ないの?
不自然な画像

写真特集

論点:STAP細胞問題

理研の中間報告

「STAP細胞」発表

社説

子どもにも分かりやすく

小保方晴子氏

関連記事

最新写真特集

毎日新聞社のご案内