メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・国学院大

日本文化を和室で学ぼう 最新設備の畳敷き教室誕生

畳敷きの新教室で、プロ棋士の講義を聴く学生ら
小笠原流礼法の授業でおぎじの所作を習う学生ら

 教室も「クールジャパン」−−。国学院大学渋谷キャンパス(東京都渋谷区)に4月6日、畳敷きの教室が誕生した。座布団や文机が並んだ54畳の部屋の天井には、360度回転撮影が可能なカメラを備えたり、四隅に大型モニターを設置したりと、「デジタル和室」となっている。

     新教室では同日、日本将棋連盟の協力で新たに開講した「和と心・技・体(将棋と日本文化)」の初回講義が行われ、約30人の学生が受講。講師を務めた棋士の高野秀行六段の指導のもと、マット式の将棋盤で駒を打つ練習をした。大型モニターがさまざまな角度から映し出す講師のしぐさを確認しながら、学生たちは将棋の所作を熱心に学んでいた。

     同講座では今後、将棋の礼儀作法や実技などを新教室で行う。また、新教室のオープンに合わせ、小笠原流礼法の授業も今年度から開講されている。

    国学院大

    公式HP:http://www.kokugakuin.ac.jp/
    所在地:〒150-8440 東京都渋谷区東4-10-28
    電 話:03-5466-0130

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
    2. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
    3. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
    4. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
    5. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです