メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウチの学校祭

福岡工業大 50回目の「立花祭」 超絶難度の脱出ゲームでパワーアップ!

来場者が続々訪れた立花祭
屋台が並ぶ通りには、親子連れの姿も
学生ライブも観客でいっぱい
脱出ゲーム参加者にルールを説明する学生
出口はどこ? 「脱出」目指し、FITホールを探索
スライム作りのブースは、地域の子供に大人気

 福岡工業大学の学園祭「立花祭」が11月2、3日に開催されました。50回目という大きな節目を迎えた今回は、特別ゲストとしておのののかやロッチをはじめとする有名な芸能人を招いてのトークライブなどが行われました。笑いが絶えず起こり、超満員の会場は盛り上がりを見せていました。大学の広報活動を行う学生組織「FIT隊」の情報宣伝部員が、当日の模様を報告します。

     ステージは昨年と同様、二つ準備されましたが、そのうち一つは新棟と同時に完成したテラススペースに作られました。学生によるライブやダンスが充実し、全体のボルテージも高まりました。2日目の夜には、フィナーレとしてレーザーショーが行われましたが、これも50回を記念して、アーティストのライブに使用されるレーザーと同じ機種を用い、より豪華なものになりました。ショーが始まった瞬間、観客から歓声があがりました。

     今年の目玉企画の一つは、脱出ゲーム「FITサーカスからの脱出」です。両日実施され、参加者は合計368人。脱出成功率は何とたった8・4%でした!

     プロも顔負けのこのゲームが開催されるのは、これが2回目。脱出ゲーム好きの学生が昨年、学園祭の実行委員を退く前に「何か形を残したい」と、このゲームの前身となる脱出ゲームを企画・実施したそうです。参加者は「謎」を解きながら脱出を図るのですが、この謎は実行委員が知恵を出し合って考えました。筆者も実際に参加してみましたが、謎に悩まされ脱出できませんでした。同時に、一つの謎が解けた時のうれしさと、制限時間内に脱出しなければならない焦りとのせめぎ合いを、大いに楽しみました。

     また学内には、的を数字で区切り、ボールを当てるゲーム「ストラックアウト」や、輪投げなどができる広場、スライムなどを作れるブースがあり、地域の子供たちに大変好評でした。さらに、特別講師として招いた島田洋七さんによる講演会も開かれ、老若男女が集まりました。

     屋台では、大学と包括的連携協定を結んでいる福岡県古賀市の農商工連携事業実行委員会主催の抽選会が開催されました。景品は、新鮮な野菜やしょうゆ、米などの特産品です。地元企業や少年野球チームの保護者による屋台もあり、地域住民との交流活動も盛んでした。

     回を積み重ねるごとに来場者が増え、質もより高まっていると思います。来年も同時期に開催される予定で、実行委員のメンバーは既に準備を始めています。今年来場された方も、そうでない方も、来年の立花祭にぜひ足を運んでいただきたいです。【短期大学部2年 五反田明里、情報工学部2年 三谷聡一朗、同4年 中村雅俊】

    福岡工業大

    公式HP:http://www.fit.ac.jp
    所在地:〒811-0295 福岡市東区和白東3-30-1
    電 話:092-606-0607

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
    2. 福岡県警 連続ひったくり関与か 20代無職男2人を逮捕
    3. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
    4. 第100回全国高校野球 金足農・吉田投手 侍の背中、力強く 冷静さ保ち「シャキーン」
    5. 夏の高校野球 秋田県民「正直驚いた」金足農快進撃のなぜ

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです