メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

海洋底探査センター 鹿児島沖でマグマ活動が活発な「熱水プルーム」を5カ所確認

 神戸大学海洋底探査センターはこのほど、鹿児島県・薩摩半島の南約50キロにある海底火山「鬼界(きかい)カルデラ」(直径約20キロ)に、マグマの活動が活発な場所を発見したと発表した。海底から100メートル隆起したドーム状の火山体(直径約10キロ)で、熱水が噴出し煙のようにたなびく「熱水プルーム」を少なくとも5カ所確認した。

     鬼界カルデラは、南九州の縄文文化を滅ぼしたとされる約7300年前の巨大カルデラ噴火でできたくぼ地。センターは10月13~27日、同大大学院の練習船「深江丸」で鬼界カルデラにある火山体を調査。音響測深装置などで水深200~300メートルを調べたところ、海底から金属を含む濁った熱水が数十メートル~100メートル噴き上がっていた。来年3月に2回目の調査をする予定で、海底に設置した地震計などで観測するマグマ活動のデータを回収する。

     巽好幸センター長は「熱水プルームがあるのは、今も大きな熱源があるということだ」とし、縄文時代に大噴火を引き起こしたマグマだまりとの関連性を調べる。

     日本には110の活火山があり、海底火山が3分の1を占める。巽センター長らの研究によると、日本列島でのカルデラ噴火の確率は100年以内に1%。もし起きれば死者は日本全域に及ぶという。【松本杏】

    神戸大

    公式HP:http://www.kobe-u.ac.jp/
    所在地:〒657-8501 神戸市灘区六甲台町1-1
    電 話:078-803-5083

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 強制わいせつ容疑 小学校キャンプ見守り役の男逮捕 福岡
    2. 仙台市長選 国政が直撃 敗れた与党陣営、恨み節
    3. アニメ 「忍たま乱太郎」ファン300人聖地巡り 尼崎
    4. クローズアップ2017 内閣支持率26% 危険水域、政権に衝撃 改憲日程に影響も
    5. 仙台市長選 郡和子氏が初当選 自公敗北、加計問題影響

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]