メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

さいたま商工会議所と包括協定 福祉、健康分野で新たな産業創出目指し

協定書に調印し、握手をする佐伯会頭(左)と久住学長

 人間総合科学大学が、さいたま商工会議所と包括協定を結ぶことになり、3月17日、さいたま市岩槻区馬込の同大蓮田キャンパスで調印式を行った。

     調印式で、久住眞理学長は「全国でも珍しい義肢装具士の養成課程を持つ本学と地域の介護・福祉に関する産業が協働することで地域経済の発展に貢献したい。また、食と健康をテーマにした新学科、ヘルスフードサイエンス学科が地域の飲食業と連携することで、地域の健康増進につなげたい」とあいさつ。

     さいたま商工会議所の佐伯鋼兵会頭は「さいたま市は人口増加に医療供給が追いついていないという現状がある。一方で高齢化社会が進む中、高齢者が元気であり続けられる社会、介護が必要な高齢者には介護を軽減できるサポート機器、リハビリ機器の開発が求められ、地元の福祉系大学と連携することで、新たな産業の創出につなげていきたい」と話した。

     両者は2013年から、あらゆる歩行環境に対応できる義足の開発プロジェクトを産学連携で進めている。今回の協定締結により、足首の高さを自動調整できる義足を19年をメドに商品化することを目指す。また、地域の健康増進プロジェクトとして、適切な塩分摂取による食習慣改善のために、飲食店向けの講座や企業と学生の連携によるメニュー開発を行うことにしている。【中根正義】

    人間総合科学大

    公式HP:http://www.human.ac.jp
    所在地:〒339-8539 さいたま市岩槻区馬込1288
    電 話:048-749-6111

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 被害届「不起訴相当」 詩織さんと山口氏のコメント全文
    2. 生き残りの模索 金正恩体制5年/上 不屈の美女ビジネス 制裁の中、外貨稼ぎ
    3. 詩織さん被害届 準強姦容疑は「不起訴相当」 検察審査会
    4. 外国人売春強要 なぜなくならない? 伊香保温泉で相次ぐ
    5. 早実 斎藤佑には及ばず 早実・清宮会見に50社130人(スポニチ)

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]