メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

災害発生時のサポート体制、情報発信力強化 熊本地震の教訓生かし

防災について説明した新入生向け動画の一場面

 昨年4月の熊本地震で大きな揺れを経験した立命館アジア太平洋大学(APU)は、大規模災害への対策強化に取り組んでいる。大学周辺の被災状況を日本語と英語で国内外に発信する準備を整えるとともに、新入生を対象とした防災ガイダンスを導入するなど、多角的な取り組みを展開中だ。

     熊本地震発生時、APUのキャンパスがある大分県別府市でも震度6弱の揺れを観測。教職員、学生の半数を留学生が占めるAPUでは、多言語での情報提供や、留学生の母国の家族や大使館からの問い合わせ対応に追われた。

     APUではその経験をもとに、県や市、地域と連携し「防災力」の向上に取りかかった。まず、キャンパス内及び学生寮での防災訓練を徹底したり、大規模災害発生時の安否確認方法を再構築したりするなど、体制を強化した。

     今年度の新入生には、オリエンテーションで防災ガイダンスを初めて実施し、在学生と教員が協力して作成した防災アニメーション動画を上映した。また、全学生に向けては、地震だけでなく風水害や火災など非常時の的確な判断と安全な行動を、学生向けに分かりやすく説明した「緊急災害対応ハンドブック」を熊本地震発生前から作成しており、大学の公式ウェブサイトで公開している。

     さらに災害発生時には、全国ニュースなどで発信されない学内やキャンパス周辺の被害状況を、大学の公式ウェブサイトで日本語と英語で発信していく。災害情報関連サイトのリンクを集約したり、大学の海外オフィスと連携して日英以外の多言語でも情報を発信したりする予定だ。

     担当した北村滋朗アドミニストレーション・オフィス課長は「熊本地震で得た教訓をもとに、学生たちがより安心して学べる大学としていきたい」と述べている。

    立命館アジア太平洋大

    公式HP:http://www.apu.ac.jp
    所在地:〒874-8577 大分県別府市十文字原1-1
    電 話:0977-78-1111

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. フィギュア 性格は恥ずかしがり屋 チェンにインタビュー
    2. 今村復興相 「東北でよかった」発言と記者団への一問一答
    3. クローズアップ2017 今村復興相辞任へ 政権「ゆるみ」深刻 首相、擁護で傷口広げ
    4. 今村復興相 また質問打ち切り 前回と同じ記者
    5. 今村復興相 パーティーで「東北で良かった」発言 辞任へ

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]