メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・共栄大

ポケモンGOで楽しみながら観光 学生らもマップ作成に参加

ポケモンGOを活用した杉戸町の観光周遊マップ作りに参加した共栄大の石川美澄講師(前列左端)とゼミの学生ら

 埼玉県北葛飾郡杉戸町などは、スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」を楽しみながら観光スポットを訪ねられる観光周遊マップを作った。埼玉県春日部市にある共栄大学国際経営学部観光ビジネスコースの石川美澄講師のゼミの学生は情報収集に参加し、日光街道の杉戸宿の宿場町を歩いた。7月1日から観光案内所で配るほか、町と町観光協会のホームページで公開する。

     マップの作製に当たっては、ポケモンGOを運営する米ナイアンティック社とポケモン社(東京)が協力。ポケモンGOを活用した観光振興策は各地で取り組んでいるが、町によると、産学官の連携事業としては全国初という。

     マップの大きさはA3判で、二つ折りにしてA4判になる。日本語版5000部を発行し、町と町観光協会のホームページからもダウンロードできる。

     ポケモンGOに登場するキャラクター同士を戦わせる「ジム」5カ所、ゲームに必要なアイテム(道具)を獲得できる「ポケストップ」32カ所を掲載。昨年の開宿400年を記念して復元された「高札場(こうさつば)」、まりを持つユニークな獅子の彫刻がある宝性院(ほうしょういん)などの名所を紹介している。【木村健二】

    共栄大

    公式HP:http://www.kyoei.ac.jp/
    所在地:〒344-0051 埼玉県春日部市内牧4158
    電 話:048-755-2490

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ロシアメディア、紀平をたたえる 王位は「驚異の日本人に」
    2. ニセコイ 2年ぶり復活 新作読み切り「ジャンプ」掲載へ
    3. 紀平梨花、GPファイナル初優勝 デビューシーズンで制覇の快挙
    4. 東名あおり運転事故、連日審理 状況明らかに 10日求刑公判
    5. 津のGSで灯油にガソリン混入 消防が注意呼びかけ

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです