メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・芝浦工業大

地元住民らとともに納涼祭 豊洲キャンパスで8月5日、7000人来場見込む

昨年の盆踊りでは、浴衣を着た子供の姿も
地元住民でにぎわった昨年の会場
キャンパスには模擬店がずらり

 キャンパスが祭り会場に--。芝浦工業大学は8月5日、豊洲キャンパス(東京都江東区)の中庭を開放し、「豊洲ふれあい納涼祭2017」を開催する。豊洲地区の自治会や企業などで構成する「豊洲1・2・3丁目地域連合会」の主催で、同大での開催は今年で8回目。近隣住民など約7000人がキャンパスで夏の一日を楽しむ。

     豊洲地区は古くからの住民が多い地区(1丁目)と再開発によって誕生したマンションが林立する地区(2、3丁目)を抱える。両地区の住民と企業、NPOが屋台運営からイベントまですべて自前で行う納涼祭は、地元にすっかり定着している。

     今年は午後3時にスタート。焼きそば、人形すくいなどの模擬店、山口県の物産展、果物や野菜などの即売会、子供たちによるバレエやフラダンスなどのお楽しみショーが行われる。また6時半からは盆踊り大会が始まる。

     会場アナウンスは同大の学生団体「FM放送技術研究会」が担当。ジャグリングサークル「Shangri-La」は大道芸を繰り広げるなど学生も協力し、豊洲地区の連帯と活性化を目指す。

     問い合わせは芝浦工大企画広報課(03・6722・2900)。

    芝浦工業大

    公式HP:http://www.shibaura-it.ac.jp/
    所在地:〒108-8548 東京都港区芝浦3-9-14
    電 話:03-6722-2900

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ピラミッド違法登頂が動画投稿で発覚 デンマーク人カップル裸で抱き合う姿も 
    2. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道
    3. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
    4. 「拘置所でXmas」再逮捕ゴーン前会長の勾留状況に仏メディア批判的
    5. NASAの探査機が太陽圏外に 1977年に打ち上げ

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです