メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

栃木・大田原の街、アートで飾る作品展 学生ら会場案内 16日まで

中学生たちに自作の彫刻について解説するアレーシア・フォルコーニさん(左)

 国内外の作家を招いた「第23回大田原市街かど美術館 Artist in Residence黒羽2017」(運営委員会主催)が、栃木県大田原市の黒羽地区で開かれている。9月9日には、大田原中と金田南中の美術部員ら計25人が宇都宮大学の学生の案内で会場を巡り、作家から直接、創作の意図を聞いて学ぶ「対面式授業」も行われた。16日まで。入場無料。

     今回招待された作家は、イタリアの彫刻家、アレーシア・フォルコーニさん▽中国の画家、韓楓さん▽北海道出身の画家、野田琢さん▽東京都出身の画家、鈴木圭さん--の4人。

     作品は、それぞれの個展会場に展示。フォルコーニさんは「たまち蔵屋敷」に彫刻作品を9点、韓さんは「黒羽商工会」に油彩画18点、野田さんは「田町集会所」に水彩画を11点、鈴木さんは「下町一区公民館」に油彩画など22点--を並べた。今回は、各作家が会場で創作の様子を来場者に公開する機会も設けた。15日はワークショップ「水墨画を描こう」もある。

     問い合わせは実行委事務局の市教委文化振興課(0287・98・3768)。【柴田光二】

    宇都宮大

    公式HP:http://www.utsunomiya-u.ac.jp/
    所在地:〒321-8505 宇都宮市峰町350
    電 話:028-649-8172

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 坂村健の目 被ばく影響、科学界の結論
    2. タクシー運転手 「強盗」にステーキおごり諭す 男自首
    3. 安室奈美恵さん 来年引退へ 公式サイトで発表
    4. メキシコ 土中に240遺体 麻薬犯罪被害か
    5. 強盗殺人 食堂の厨房で男性死亡 頭から血流し 宮崎

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]