メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・芝浦工業大

地域の課題解決事業の成果を発表 芝浦キャンパスで31日にシンポジウム

昨年度のシンポジウムの様子

 芝浦工業大学は10月31日、地域の課題解決に取り組んだ成果を発表するシンポジウム「大学とまちづくり・ものづくり2017」を、芝浦キャンパス(東京都港区)で開催する。

     同大は文部科学省の「地(知)の拠点整備事業」に採択された「『まちづくり』『ものづくり』を通した人材育成推進事業」を、2013年から5年間展開してきた。

     当日は、ともに事業を推進してきた港区の武井雅昭区長による特別講演「参画と協働~地域から大学への期待」に続いて、同大の志村秀明・地域共創センター部門長が事業の概要と進ちょく状況を報告する。

     さらに、地元・芝浦の街づくりに取り組む企業や団体の代表、同大デザイン工学部の古屋繁教授、桑田仁教授、プロジェクトに参加した学生らをパネリストに、「大学が地域に根ざす意義と方策」をテーマにパネルディスカッションを行う。進行は古川修・大学院理工学研究科特任教授が務める。

     第2部では、今年度展開している18のプロジェクトなどを紹介するポスターセッションも実施し、大学と地域との持続的な連携とひとづくりについて、今後の展望を広く考える機会とする。

     シンポジウムは午後1時~3時半、8階802教室。ポスターセッションは午後3時半~5時、同階ホワイエで。入場無料。参加申し込みは同大地域共創センターの専用ページで。問い合わせは研究推進室研究企画課(03・5859・7180、sangaku@ow.shibaura-it-ac-jp).

    芝浦工業大

    公式HP:http://www.shibaura-it.ac.jp/
    所在地:〒108-8548 東京都港区芝浦3-9-14
    電 話:03-6722-2900

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
    2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
    3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
    4. 秋の味覚 毒キノコに注意を 大豊作の兆し
    5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国首脳ら

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです