メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウチの学校祭

文教大越谷校舎 50回目の藍蓼祭は「藍らしく!」進化 11月3~5日

藍蓼祭を締めくくる恒例のレーザーショー(昨年)
昨年のメインステージ。今年もさまざまな演出が飛び出します

 文教大学越谷キャンパス(埼玉県越谷市)の大学祭「藍蓼(あいたで)祭」は、11月3~5日の3日間開催します。50回目を迎える今年のテーマは、「藍らしく!」に決定しました。節目の年に初心に戻り、藍蓼祭らしい学園祭にしようという意味を込め、文教大学の建学の精神である「人間愛」の「愛」に重ねています。過去の実績を生かし、更に進化すべく内容を充実させ、盛りだくさんの3日間です。

     1日目はロックバンド「フジファブリック」のメインコンサート(チケット2500円)、2日目には子どもたちを対象とした「ちびっこ大抽選会CHAMCHAMQUEST~女神の導き~」、今流行中のリアル脱出ゲームをアレンジした「謎解き~おもちゃ王国からの脱出~」、藍蓼祭参加団体によるB級グルメグランプリ「文教グルメコンテスト」を開催します。3日目には藍蓼祭の代名詞とも言えるレーザーショーで、フィナーレにふさわしい最高の感動をお届けします。

     最高の学園祭にしますのでぜひ、お越しください。よろしくお願いします!! より詳しい情報は、藍蓼祭実行本部のホームページをご覧ください。【藍蓼祭実行本部長・文学部3年 森本雄貴 】

    文教大

    公式HP:http://www.bunkyo.ac.jp/
    所在地:〒142-0064 東京都品川区旗の台3-2-17
    電 話:03-3783-5511

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
    2. イチロー、華麗な守備は健在
    3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
    4. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
    5. クックパッドニュース 本当にむね肉!?しっとりジューシーな「蒸し鶏」がフライパンで簡単にできた!

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです